XSERVER(エックスサーバー)のサーバーにSSHログインする方法

XSERVER(エックスサーバー)

WordPressやホームページ運営でXSERVERを利用していて、ファイルを直接触りたいときにSSHログインする必要が出てくるケースがあります。サーバーパネルを利用すれば、簡単に設定することができますが、慣れていないと難しく感じることがあるかと思いますので下記の手順にまとめてみました。

手順

SSH設定画面を開く

サーバーパネルにログインし、「SSH設定」をクリックします。

SSH設定をONにする

セキュリティ上の理由によりデフォルトではSSHログインできないようになっているため、まずはSSHログインを有効にします。ボタンを押して、確認画面に進んでください。

公開鍵の設定画面を開く

設定が完了すると下図のようになります。XSERVERではパスワードによるSSHログインはできないようになっているため、公開鍵を設定する必要があります。公開鍵を設定するために図のように「公開鍵登録・設定」タブをクリックしてください。

公開鍵の生成

既に公開鍵の用意がある場合は読み飛ばしてください。公開鍵が無い場合は生成する必要があります。下記のコマンドをターミナルで実行することで秘密鍵と公開鍵のペアを生成することができます。

$ ssh-keygen
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/path/to/.ssh/id_rsa):
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:
Your identification has been saved in /path/to/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /path/to/.ssh/id_rsa.pub.

パスフレーズを入力することが推奨されますが、無しでも生成できます。無しの場合は何も入力せずにEnterを押してください。生成された公開鍵を確認するには下記のコマンドを実行してください。(意図的に生成先のディレクトリを変更している場合はパスを読み換えてください)

cat ~/.ssh/id_rsa.pub

公開鍵が表示されますのでコピーしてください。

公開鍵の登録

公開鍵を入力するフォームが表示されていますので、コピーした公開鍵をフォームに貼り付けてください。送信ボタンをクリックすると確認画面に移動します。

公開鍵の登録確定

送信ボタンをクリックすると登録が確定されます。

接続テスト

下記のコマンドでSSHログインできます。XSERVERはポート番号10022でSSHを受け付けていますので注意が必要です。

ssh -p 10022 [サーバーID]@[IPアドレスもしくはドメイン名]

例えば、サーバーIDがhogefuga、ドメイン名がhogefuga.example.comの場合は

ssh -p 10022 hogefuga@hogefuga.example.com

とすれば接続できます。

サーバーIDはサーバーパネルのトップで確認することができ、IPアドレスは「サーバー情報」で確認することができます。

まとめ

いかがだったでしょうか?コマンドや鍵の扱いに慣れていないと難しく感じることもあるかと思いますが、落ち着いて1つずつ進めていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする