Macでのテキスト作業効率アップのためのショートカットキー

Macのキーボードショートカット

Macでは様々なショートカットが提供されていますが、この記事ではプログラミングやテキスト作業で利用すると便利なショートカットに絞ってご紹介します。ショートカットを利用しない場合、右端にある方向キーで操作することになるかと思います。しかし、その場合ですとホームポジションから手が離れるため作業効率が悪くなってしまいます。そこで、下記のショートカットを駆使することで、ホームポジションに手を置いたまま作業を進めることができるのでサクサク文章を書いたり、プログラミングができます。

ショートカット一覧

control + a

行の先頭に移動します。

control + e

行の末尾に移動します。eはEnd(行末)。

control + f

1文字だけ進みます。fはForward(先へ)。

control + b

1文字だけ戻ります。bはBack(戻る)。

control + p

1行上に移動します。pはPrevious(前)。

control + n

1行下に移動します。nはNext(次)。

control + k

カーソル上の行を削除します。

control + h

1文字だけ削除する。

まとめ

慣れるまで時間がかかるかと思いますが、一度覚えてしまえばその後の生産性向上が見込めますので、是非使ってみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする